2018年8月17日 | 6:13 PM

10代~20代女性に人気のセフレ募集サイト!女性に優しい作りだからセックス相手探しに困らない♪

You are here:  / 割り切りセックス / 割り切り関係は楽ですがそれがデメリットとなることも

割り切り関係は楽ですがそれがデメリットとなることも

セフレのような割り切った関係は、とても楽に付き合える利点があります。
仕事や趣味を犠牲にしなくてもいいですし、人間関係がこじれる心配もないですし、いつでも別れることもできます。

ただ、楽に付き合えるというのは、良いことばかりではなくデメリットやリスクも伴います。
もしセフレ関係を結ぶなら、それも考えた上で判断しなければなりません。

例えば、相手の不注意によって妊娠をしてしまったとしても、そのまま逃げられてしまう可能性があります。
恋人関係であれば、相手の連絡先や住んでいる場所も知っているでしょうし、中絶する場合でも費用を負担してもらえるでしょう。

しかしセフレの場合は、相手がどこに住んでいるかも分からず、電話で連絡を取ることもできず、自分で何とかしなければならないかもしれません。
最悪の場合、妊娠したことにしばらく気がつかず、おろすことすらできなくなる可能性もあります。

そういったリスクがあることを踏まえた上で、十分に注意しながらセフレと付き合わなければなりません。

テレクラサイトの出会いのコツ

テレクラサイトは、そもそも最初から電話で話す事が出来るということで、かなりセフれを作ったり出会いを求めたりする上で有利な物なのです。
それは、最初から電話で話す事が出来るという事は声でのコミュニケーションをとれるので、相手と親密になる早さがメールやメッセージでのやり取りよりも早いというところにあると言っていいかと思います。
テレクラサイトを利用すると、元々出会いに対して積極的な女の子と電話ですぐに仲良くなる事が出来るので、かなり高確率でセフれにまで進む事が出来るかと思います。
ともあれ、テレクラサイトで出会いを求める際はあまり時間をかけずに適当な自己紹介を終えてしまったらすぐに会う算段を付けて待ち合わせの約束を取り付けにかかるのが吉、という事です。

女性とセックス直前で金銭を要求された!どうする?

出会い系サイトや、SNSなどを利用していると結構アダルトな方面で利用しているような子も多いんですね。セフれを作ったり、あるいは一夜限りの関係を楽しんだりと利用方法はさまざまなのですが、中にはやはり金銭を巡ったトラブルになることもありますね。
そう言った時は自分がちゃんと知識をもっておかないと自分が損をしてしまうので、必要な知識だけでも身につけておくといいでしょう。

予想外の金銭要求をされたら

割り切りセックスなど、出会いの前にあらかじめお互いに約束を果たしてお金の取引を念頭にしたセックスという事をやる上ではそれほど問題にはならないと思います。
しかし、例えば最初は普通に出会いを求めているだけだったのにセックスをする直前になっていきなりお金を要求してくるというような性質の悪い女性も極たまにいるんですよね。

こういった場合、男は男側に不利になるのではないかとついついお金を払ってしまう人が多いんですよね。しかし、こういった金銭の約束をしたうえで出会いを求めていたわけでない場合は男と女性の法的な有利は全くのイーブンです。
だから、お金を要求されてしまってそれに対して支払いたくないと思ったらセックス自体を断ってその場で解散するのがいいでしょう。
この時点で、契約に対する同意が行われなかったので関係性が出来あがる事もなく男が罪に問われるというような事はないので安心して次に行く事が出来ます。

もしも強引に金銭を要求されたら

中には、此方が断ればそれで終わりという場合もあるのですが女性によっては自分の方が立場が上だと勘違いして警察に駆け込むだとか、訴えるなんていうようなことを脅し文句に言ってくるような女性もいるんですよね。しかし、そういう場合もあわてる必要はなく弁護士などを呼ぶなどしておくといいでしょう。そう言った場合は、女性側に対して恐喝の罪で刑事訴追を起こす事もできますからね。
そうなってしまえば、立場が悪くなるのは相手だけなので自分が不利益を被る事は全くありません。
そもそも、相手が18歳以上であるのならばそう言った性行為に対しての事も自己責任として処理されるので、セックスをするのにお金を要求されても払わないからと言って罪に問われるようなことはありませんからね。
ただし、元々支払う約束をしていたけど終わってからそれを踏み倒すような事をしたら罪に問われることもあるのであくまで事前確認をしておくことですね。

18歳未満の女子とセフれになるのは危険です

今、色んな年齢層の女の子たちが出会い系サイトやテレクラサイトを利用してセフれを作ったり、一夜限りのセックスを遊びで楽しんでいたりと、非常に女性のセフれ募集の数が増えているのです。その背景には、携帯電話やスマートフォンの進化によって出会い系サイトやテレクラサイト、SNSなどにアクセスするのが手軽になっているという事もあるかと思います。
確かに、そういった女の子が増えているのはセフれを作るのにはありがたいことではあるのですが、これは同時に危険な事でもあるんですよね。

18歳未満の子に要注意

昨今では、SNSなんかでも普通にセフれを募集していたりセフれ希望で声をかけてきたりするような逆ナンをするような女の子が増えてきているんですね。
そして、その中にはまだJKやそれ以下の18歳未満の未成年の女の子もいたりするのです。最近の女の子は、本当にエッチ関係でも進んでいる子が多くSNSなんかで年齢をごまかしてセフれに立候補したりするような子もいるのです。
一見、若い子とセックスが出来るんだからチャンスだと思うかもしれませんが18歳未満の女の子とセフれになるのはあまりにも危険すぎます。

当然ではありますが、18歳未満の女の子との性交渉などは条例によって禁止されているので、セフれ関係なんて作ろう物なら事が発覚すれば青少年保護育成条例違反に思い切り触れてしまう事になるのです。
特に、相手の女の子が未成年だと知っていながら手を出した場合は民事裁判ではなく刑事裁判にかけられることもあります。
そして、裁判にかけられたらまず間違いなく有罪扱いになり前科が付きますので非常に大きな人生の痛手を被ってしまうことになるわけですね。

年齢確認はしっかりと

基本的に、インターネットを利用したりして女の子と知り合ってセフれになる時はお互いの情報をあまり明かさないというような事がセオリーにこそなっています。
しかし、相手の女の子の見た目があまりにも若かった場合はちゃんと年齢確認をしましょう。相手が18歳未満の女の子だと知らなかったとしても、年齢確認を怠ったうえで手を出してしまった場合はやはり罪に問われる事もありますからね。
一時の快楽のために自分の人生に一生残る傷を負うなんて言うのはばかばかしいことこの上ないかと思います。若い女の子とセフれになりたいなら19歳以上の女子大生ならセーフなわけですからそちらを狙うようにした方がよっぽど安全に楽しめるでしょう。